糸島の変わり者、てっちゃんのこだわり日記

海賊と呼ばれた男(上) ~出光興産創業者の物語~
2013-01-08 Tue 07:00
店員は家族と同然である。

社歴の浅い深いは関係ない。


君たちは家が苦しくなったら

幼い家族を切り捨てるのか?



by 海賊と呼ばれた男(上)


自分の体に例えても
右手を骨折したからって、切断はしませんよね^^



おはようございます^^


かっこいい男の史実
読み進めて40ページ


すでに感動しまくりです。

海外に拠点を置いていた石油販売の会社
財閥相手に人材を武器にガンガン攻めていた会社


がしかし、


1945年、敗戦直後
残ったのは社員1000人、仕事なし。


常務たちに
社員をクビにするしかないと言われ


冒頭の言葉を放ったはいいが
解決策があるわけではない。


その日の夜


家族の団欒を楽しみ
子供たちが寝静まった後


社長は妻に相談した。


『 財産を全部失ってもいいか? 』


妻は少し驚いた顔をしたが
笑って『 私はかまいませんよ。 』と答えた。



『 お前が嫁に来るときに持ってきた着物も

  売りに払うことになるかもしれん。 』



妻『 生活のためなら、残念ですが、仕方ありませんよ。 』


 
『 生活のためもあるが、店員の給金を払わねばならん。 』



妻『 それでしたら、喜んで手放しましょう。 』 



妻はにっこりと笑って言った。



『 乞食をすることになるかもしれんぞ。 』



妻『 あなたも一緒にやってくださるのでしょう。だったら平気です。 』



~~~~~~~
この25ページのやりとりに感動。
さらにお互いの気持ちに感動。


実際に乞食になったのか
読み進めてみないとわかりませんが


この姿勢が好き。
覚悟、素直、愛


海賊とよばれた男 上海賊とよばれた男 上
(2012/07/12)
百田 尚樹

商品詳細を見る
社員は家族。経営者にかかわらず、多くの人の触れてほしい名作です。

今年も最高の読書ができそう。


あなたは
読書していますか?


てっちゃん@本も出会いだから。


本日もあなたにとって
ステキな出会いと感謝の一日となりますように♪
別窓 | 本の紹介 | コメント:1 | トラックバック:0 |
ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?
2012-10-28 Sun 07:00
可能性の無視は


最大の悪策



by ローマ法王に米を食べさせた男



おはようございます^^


この著者は、知恵を持ち
実行力のある最強の課長補佐さんでした。
ローマ法王に米を食べさせた男  過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?
(2012/04/06)
高野 誠鮮

商品詳細を見る

JAに頼りっきりの農家
平均年収87万円


過疎化された村の人々



『 このままでいいんですか? 』



この答えに



『 嫌だけど、変わるのが怖い 』



そんな心の声を汲み取って
ガンガン攻めていくスーパー公務員のお話



市や県庁に対して
許可を取らずに、なんでも推し進めていく



『 いちいち、申請していたら却下されるし、時間もかかる。 』



会議はやらない
企画書はつくらない
上司には事後報告



反対意見は、知恵を使って丸め込む



上司や県庁などに
呼び出されては、頭を下げる


心の中では
そんなんだから、変わらないんだと呟く



しかし、直属の上司は
そんな著者を守ってくれていた


『 俺が定年するまで、あと3年。それまでは、好きにしろ。

  責任は俺がとってやる。 』



著者の高野さんは
そんな上司や市長に恥じないように


一生懸命、実行する。



まず、やってみせて

やってもらって

納得させないと人は動かない



いま、三分の二を読み終えたところですが
その発想と実行力に驚嘆しまくりです。



今年読んだ本で
ぶっちぎりの作品です。



自信をもって
オススメします。



これは
本当に買ったほうがいい!



中でも
日本最高級の日本酒をつくって


地元で売らず、ブランド力をつけるため
東京で売る


このやり方みてると
白糸酒造の克典君を思い出しました。



糸島のおいしい日本酒 『 田中六五 』



市役所を利用して

税金を使ってばかりの発想ではなく


行政ビジネスとして
お金を生むしくみを考えたりするところが


最高にステキでした


知らないと損をする
そういう隙間を狙ってくる大きな商社相手に


知らず知らず多額のお金を使っている
(知ってやってるとこもいっぱいだろうけどw)


そんな市役所や県庁、JAなども巻き込んでいくところ
わくわくしています。


とりあえず
読んでいない人がいたら


全力でお伝えして
読んでもらいますw


かなりの名作
あなたのそばに・・・



著者の高野さん
本のソムリエさんありがとうございました。



てっちゃん@生きてて良かった。



本日もあなたにとって
ステキな出会いと感謝の一日となりますように♪
別窓 | 本の紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |
企業参謀ノート入門編 ~大前研一著~
2012-10-08 Mon 07:00
考えることを楽しむ

人と違っていたってかまわない。


いやむしろ、


人と違った考えができることに価値がある。


by 企業参謀ノート


おはようございます(^^)


最近、本を買いすぎて
中途半端なものが多かったので


とりあえず、ノート取りながら
読破できました。

大前研一著
企業参謀ノート


昨夜は
早めに仕事を終えたので


スタバに寄って
集中し、読み終えました


戦略や戦術の本は
いろいろありますが


大前研一さんの作品は
読みやすく、相性が良いようです(^^)


なかでも
戦略がなぜ必要か?


をしっかり問い
必要性を感じてから


戦略的ギャップを埋める
具体的なやり方に感動しました。


さらには
KFSのこと


Key Facter for Success


つまり


成功のカギと呼ばれるもの


それが自分の会社では、何なのか?


それを明確にしてくれる
具体的なやり方が記されためになりました。



とにかく具体的なやり方を
分かりやすく書いているので、感動したのです。


自信を持ってオススメいたします


あなたは、
どんな本と相性が良いですか?


てっちゃん@大前研一さんも福岡出身


本日もあなたにとって
ステキな出会いと感謝の一日となりますように(^^)
別窓 | 本の紹介 | コメント:2 | トラックバック:0 |
僕らの仕事は応援団 ~心をゆさぶられた8つの物語~
2012-10-05 Fri 06:50
仕事だから

本気でやるのではなく


本気でやったら

仕事になった


by 僕らの仕事は応援団


おはようございます(^^)


迷わず推します
こちらの作品。

僕らの仕事は応援団
心を揺さぶられた8つの物語


まだ1話しか読んでませんが
涙がとまりません。


実話だから、たまらない。


著者は
仕事を思い切って辞めて


応援団をつくります


仕事に慣れ
本質的な問いを自分にするときが誰にでも必ずくる


何のために仕事をし
何のために生きているのか


目の前の仕事を好きになろうと頑張るのが本当に良いんだろうか


仕事は仕事として
割り切れる生き方で本当に良いのだろうか


そんなことにも向き合わずに
ただただ仕事をし、仕事が無くなると自分に何が残るのだろうか


著者は自分と向き合いました


もう、自分の本当の気持ちを
見て見ぬフリをするのは嫌だと。


今度こそ
自分の人生を自分で選ぶことから、逃げない!


そう思った自分の心を
信じてみるんだ、と。


こちらの作品は
それからの活動エピソードの中から


家族って何だ?
働くって何だ?
本気で生きるって何だ?


その意味を教えてもらったものを書き綴ったもの。


名作でない訳がない。笑


著者は言ってます


生き方を選んだら
応援団が仕事になった、と。


ちなみに、僕は


「 仲間との冒険を仕事にしたい 」


そう想っています。



自分の生き方を追求すると
それかな(^-^)


とりあえず、100%オススメします!


あなたは、
どんな生き方を選びますか?


てっちゃん@うむ、しっくり^^


本日もあなたにとって
らしい生き方を選択できますように(^^)
別窓 | 本の紹介 | コメント:2 | トラックバック:0 |
I met a boy 父の日にバンビ公園で
2012-08-30 Thu 07:00
生まれ変わるなら

生きているうちに。


by I met a boy 父の日にバンビ公園で



おはようございます(^^)


シャシャッと
読み終えました。


「i met a boy
父の日にバンビ公園で。」

著者は
佐賀県武雄市出身の同い年の方でした。


4年前に出版されたということは
27歳のときか...



素晴らしすぎる



内容は、
あまり深く話しませんが


この本を読んで感じたことは


小学生時代のときの自分
と今の私が会って



果たして
気づくだろうか



ということです。



あの頃を必死に思い出そうとしても
あの頃の写真に写った自分しか出てこない



そんな人が多いのではないでしょうか?



例えば、
洗面所の前に立ち


歯を磨いている鏡に写った自分の姿を思い出そうとしても


不思議と出てこない



あなたは、
思い出せますか?



やはり、
公園でバッタリと



あの頃の自分と出会っても
ん?どっかで会った?くらいかも



この作品が
伝えたいことのひとつに



小学生時代の自分と出会って



「 僕の大人って、どんな感じ? 」



と尋ねられたとき



“ どんな気持ちになるのか ”



なんだと思います。



幼い頃の自分に
自分は、なんと言うだろう



私なら



“ そこそこ波乱万丈やけど、普通じゃないし、普通じゃない友達たくさんいてオモシロイよ!”



と答えると思います。笑



大切なのは
今の自分の正直な気持ちを伝えられるかどうか



なのかもしれません



著者の松尾さん
ステキな気づきをありがとうございました(^^)



ぜひ、一読を。
オススメします。


ちなみに、
著者の松尾さん、



喜多川泰さんのお弟子さん?
聡明舎の先生?みたいです。



同い年だし
親学塾第2回にいたら、話してみよ。


本日もあなたにとって
ステキな出会いと希望の種をまく一日となりますように。
別窓 | 本の紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | てっちゃんの大冒険! | NEXT