糸島の変わり者、てっちゃんのこだわり日記

星を追う子ども
2016-09-19 Mon 07:00
君には

生きていてほしい


by 星を追う子ども


おはようございます^^


2016年の名作:君の名は。の余韻の中
遂に、新海監督の過去の作品にも手を染め始めた。


作品名は、「 星を追う子ども 」
この作品のテーマは、生と死について。


私にはそう感じた。


大切な人を失った
残された側は、どうやって


それを乗り越えればいいのか


「 君のいない世界に、意味を見出せないんだ。 」


実際に、大切な人を亡くしたり
あるいは、大好きな恋人との別れなど


「 失う 」ことを味わったことがない人は
ほとんどいないだろう。



心にポッカリと空いた穴は
とても大きくて


必死に何かで埋めようとするけど


ダメだ、、塞がらない



いや、塞ぎたくないんだ
代わるもので、塞ぎたくない


結局


自分が納得するまで、
行動し続けることでしか


本質的な原因は解決しない


この作品の世界観も
好きだったなぁ。
別窓 | 映画&DVDの紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |
バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生
2016-08-21 Sun 19:00
目的を見つけよ

手段はついてくる


こんばんは^^


久々に家でブルーレイを観ました。
最近新作でレンタル開始された


バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生


どんな物語になっているのか
スタート。。。


すぐに、バットマンとスーパーマンが戦う訳でもなく
どちらが正義でどちらが悪か?というものでもなく


非現実的なスタートから始まったと思いきや
流れは、とても現実的で。


内容をきちんと消化しながら
観ることができました。


ラストのほうになって
ん、、な、なんだこの子は?!という展開もあり


ゴーレムのようなモンスターも現れ
急にSF&アクションの世界に切り替わるのもよかった。


続編が確実に出るだろうなという終わり方


今後も楽しみにしています。


久々に観ると
映画って、やはりいいものですね。
別窓 | 映画&DVDの紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ジュラシックワールド
2015-08-20 Thu 18:00
われわれは

自分に関心を寄せてくれる人々に

関心を寄せる


by のださんめるまが


こんばんは^^


ずっと観たかった
ジュラシックワールドを観てきました。


3Dで鑑賞いたしました。


この映画のタイトルは

〜ラプトル〜


といっていいくらい、
ラプトルが要所要所に現れます。


恐怖と愛着を感じる存在として
いい味出しています


物語としては
ジュラシックパークからの流れですが


完全に前作シリーズを忘れていた私でも
問題なかったです。


ただ、適役となるTレックスハイブリットは
遺伝子組み換えで生まれた恐竜なのですが


遺伝仕組み抱えの危険性を訴えるという部分では
オッケー。


がしかし、物語としては人が作り出したものが強敵というのも
なんか、個人的には弱いなぁと感じます。


アベンジャーズの新作も
悪役が人が作り出したシステムという設定みたいですが


う〜ん、そうなのか〜


でも、それを越えるアクションで魅了されるのだろうなとも
思ったり。。。。


そういう意味では
適役は、オールドタイプを望みます。


史上最強は、昔からあるもの的な。。。


ジュラシックワールド
立体的な3Dもよかったけれど、画像解像度がイマイチ


だから、ブルーレイで
もう一度観る楽しみが増えました。


そう、もう一度観たいと思える作品でした。
別窓 | 映画&DVDの紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ミッションインポッシブル 〜ローグネーション〜
2015-08-12 Wed 20:20
牧のうどん


大盛りを躊躇したら

身体の老化と思え。


ねぎ盛りを躊躇したら

心の老化と考えよ。


by てっちゃん


こんばんは^^


ミッションインポッシブルを観てきました。


楽しかった!!


自分が楽しいと思う要因は
登場人物の役割がハッキリしていて、


それぞれの魅力がきちんと出ていたから。


この人は、こういう人!
というのがわかってると


いろいろなシーンで
共感しやすくなると思います。


シリーズ化、継続の強みですね。


そして、チーム仲間から
ハッキリと友達だ!という台詞が出てくるところが


たまりません。


仕事を通してできた仲間であっても
友人と呼べる2人になれたら、


そんなに幸せなことはないでしょう


そんなことを思ったのでした。


トムクルーズの情熱
まだまだ続きそう。。。
別窓 | 映画&DVDの紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
2015-08-03 Mon 19:00
自分に満足すること

を学び

私を愛するか否かは

他人に任せる


by 物語の法則


こんばんは^^


進撃の巨人の映画を昨夜
観に行った。


東京から帰ってきて
映画に1人でいくのは、初めて。


そこに、何を求めていったかというと


ずばり、


『 巨人が人を喰らうという
圧倒的恐怖感 』


漫画やアニメを通しても
ゾクッとしたものだったが


映画なら、映像と音響という
最大の強みをもって、私が求めたものを与えてくれるだろう


そう思ったからだ。


そこのみの感想を言うなれば


『・・・・もっと!!』


恐怖よりも
グロさのほうが印象的だった。


アイアムレジェンドのような
あの絶対的恐怖感が足りなかった


『え?ゾンビなのに、走ってくる?
 一人一人がめちゃ強いのに、大勢で!?


 こっちは、愛犬と僕だけだよ!』みたいな。



進撃の巨人を観終わって
車を走らせながら、思い返しながら考えていた。


原作しらない人が観たら
どんな印象をもつのだろうか


表情が読み取れない感じの巨人の不気味な表現力
よかったなぁ〜


人を喰らうシーンが多いのは
きっと、それこそが進撃の巨人映画版にしかない強みだからだろうなぁ
(そうあってほしい)


考え抜いた結論は


きっと、食べられる側の人数が多すぎたため
心理的に危機感までいたらなかったこと


だとしても


日本映画でも
ここまでアクションを表現できるのだなぁと


感心したのでした。


ジュラシックワールド
ミッションインポッシブル
HERO


は、今年の夏は観ておきたい。
別窓 | 映画&DVDの紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | てっちゃんの大冒険! | NEXT