糸島の変わり者、てっちゃんのこだわり日記

珈琲パーフェクトブック ?上質のテイストを愉しむ?
2009-12-01 Tue 19:00
気に入った味を見つけるのは
たいへんなことかもしれません


でも


追い求めることをやめない限り
きっと自分流は見つけることができるようです


こんばんは^^



カフェモカやカフェラテを
我が家で作って、


友人や仲間を喜ばせたい


だから
エスプレッソメーカーを探し


コーヒーについて
色々調べていくうちに


出会ってしまった
この本に^^
IMGP3499_サイズ変更

コーヒー文化
コーヒーの楽しみ方
コーヒーの淹れ方


コーヒー豆の育て方
コーヒー豆の選び方


あらゆることが書いてある
まさに


珈琲パーフェクトブック


浅煎りは、酸味が強い
深煎りは、苦味が強い


今、世界に出回っている70%は
アラビカ種という品種


残りの30%がロブスタ種(苦味強い)
↑インドネシアやベトナムに多い


そのほかにリベリカ種というのもある


缶コーヒー
インスタントコーヒー


この二つを発明したのは
なんと、日本人だった!


色んなことが分かってきて^^
かなり頭の中で整理できました^^


さて
あとは、実践経験なり♪


てっちゃんバリスタ誕生か(笑)


そして
ラテアートの本
IMGP3497_サイズ変更

大切なのは“おいしさ”です。


ラテアートの原点は
喜んでもらうこと


おいしい珈琲を
さらにおいしくさせてくれるテクニック


ラテアートだけ上手くても
珈琲が、おいしくないと


それは、アートとは呼ばない


ほうほう、オモシロイ^^


珈琲を感じる嗅覚は2つあります。


ひとつは、鼻


もうひとつは、嗅覚受容体といって
鼻のずっと先


脳に近いところにあるようです


飲み方も深い


是非、一読を^^


てっちゃん@前原市図書館にあります^^



珈琲パーフェクト・ブック―上質のテイストを愉しむ
珈琲パーフェクトブック クリック
出版社: 日本文芸社 (2003/11)
単行本: 175ページ
小池 康隆 (著)
スポンサーサイト
別窓 | 本の紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<宮崎マンゴー ラングドシャ ?宮崎のお土産は、これ!? | てっちゃんの大冒険! | 2009年12月のイベント情報>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| てっちゃんの大冒険! |