糸島の変わり者、てっちゃんのこだわり日記

調理をする動物
2017-07-19 Wed 07:00
約30万年前には

私たちの祖先が

日常的に火を使っていた。


by サピエンス全史


おはようございます^^
味噌汁
(日々の味噌汁から夢が広がる一冊)


サピエンス全史を読み進めていくと
火との出会いは30万年前


火の最大の恩恵は
調理が可能になったこと。と書かれていた。


小麦、米、ジャガイモといった
人類には消化できない食べ物も


調理のおかげで主要な食料となった。


それまでは
果物や木の実、昆虫、死肉だった。


・・・・・


路線がズレるが私が興味深いことは
調理前の食べ物を食べていた期間だ。


人類の祖先600万年前に生まれてから
30万年前までの、570万年間は果物や木の実や昆虫が主食だったという事実。


(このことに関しては
人類600万年史という本が出版されているのでそこで詳しく調べたい)


調理を覚える前のヒトに尋ねてみたい。
あなたの大好物は何ですか?と。


何が人気だったのか。。。。


『 おい、俺の遺伝子、どうなんだい! 』って問いかけても
Siriに問いかけても、答えは無いのだろう。


いずれにせよ
農業革命のあった1万2000年前からの
約1万年間の穀物主食期間と


果物と木の実、死肉を主食としていた570万年間


食に関する価値感が大きく変わりそうだ。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<dtv加入(無料期間) | てっちゃんの大冒険! | 思考力の代償>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| てっちゃんの大冒険! |