糸島の変わり者、てっちゃんのこだわり日記

第3回 糸島先輩のすこやか大運動会
2014-10-19 Sun 14:16



こんにちは^^


朝、番長の手づくり弁当をもって
のじーを拾って


第3回すこやか大運動会に行ってきました。


16時には
加布里海苔の種付け作業に呼ばれていたので
閉会式で途中退席しましたが、気持ちのいい時間を過ごしました。


大運動会
全員参加の50m走で身体を慣らし


休む暇無く、様々な競技を
こなしていきます。


個人的に限界だったのが
800m走


悲しくもダントツ最下位。
まったく無理できなかった。。。。


こんなもんかと思うほど
ゴール後はきつかった。。。


顳顬辺りに流れる血液を大量に感じて
ぷちっていくかと思いました。


それほど過酷。
みんな、すごい。。。


その辛さに比べると
プロック対抗リレーは、圧倒的なトップで順番がきたので


気持ちよく走れました^^


やっぱり、癖なのか
せっかくだから


この人とこの人を繋げたい、仲良くなってくれたら
またおもしろいことが起きそう、、、とか


寂しそうな人はいないか、、、とか


そんなことばかり考えていました。


楽しかった運動会、余興も楽しかったし
実行委員の皆様、お疲れちゃんでした。


その後、貴重な経験をさせていただきました。
16時に加布里漁港


海苔の種付けという作業


糸島の海苔の歴史をたどると
明治26年からはじまる。


「最初は牡蠣やったと。竹で組んで牡蠣ば作りよったら、海苔のできたったい。


それなら、海苔もできるんやない?と始めたのが6件ほど。」


それから、昭和40年には130件ほど海苔の生産者が激増。


しかし、最終的に生き残っているのは
井田家のみ。海苔生産で今は4代続いている。


約1時間の作業を終え
18時頃から井田家で飲み会へ。


ビールと日本酒、お寿司


井田さん「飲むのも仕事たい!俺はこういうつき合い方たい。」


日本酒、ビール、どんどん注がれる。
のどが乾く、水もお茶もないw


お酒と戦いながら、質問。
てっちゃん「井田さん3代目でしょ。なぜ、継ごうと思ったのですか?」


井田さん「んなぁ、家業やけんたい。」


井田さんは、しきりに歴史が大切だと
いっているのが印象的でした。


てっちゃん@お取引開始


本日もステキな一日となりますように♪
スポンサーサイト
別窓 | てっちゃんのつぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ないものを探す | てっちゃんの大冒険! | はるみ編集部>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| てっちゃんの大冒険! |