糸島の変わり者、てっちゃんのこだわり日記

自力と孤立
2013-06-08 Sat 07:00
『 孤立 』


「ひとりでも大丈夫!」と、

強がりを言っていませんか?


それは「自立」ではなく

「孤立」かもしれませんよ。



おはようございます^^


ステキメルマガご紹介

その根底には、
過去に「つながり」を絶たれて、


ひどく傷付いた経験があるのです。



「あんなに悲しい想いをするくらいなら、ひとりの方がよっぽどいい…」


として、他人と親密になることを恐れ、
素直に本当の自分を出すことを
自ら禁じてしまうのです。



それは「自立」ではなく、
「孤立」です。



人は「孤立」することにより、
辛い感情から自分を切り離そうとして、


感じる能力を閉ざしてしまうのです。



本人は「問題を解決するため」
と思っていますが、



ひとりで問題を抱え込んだり、
自分の力だけで解決しようとすることは、



結局、その問題から逃避しているだけに過ぎません。



一見「自立」している人ほど、
過去のネガティブな感情から立ち直っていない証であり、



結局は誰ともつながれず、
「孤立」することになるだけです。



.................

今日は自分の中にある「自立」や「孤立」的傾向について、


しっかりフォーカスしてみましょう。



あなたは「本当の自分」を表現することを、



どうしてそんなに怖がっているのでしょうか?



あなたが「ひとり」になっても守りたいものは、


そんなに価値のあるものでしょうか?



あなたが「本当の自分」を出すことが出来れば、



周囲との「つながり」も確かなものになり、



死んだように活気のない人間関係も、
きっと解消されることになるでしょう~。



by はづき虹映さん
スポンサーサイト
別窓 | てっちゃんのつぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<レインボーブリッジ | てっちゃんの大冒険! | 食後のデザートは掴み取るもの>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| てっちゃんの大冒険! |