糸島の変わり者、てっちゃんのこだわり日記

ピンとこないから感動できた
2012-10-21 Sun 11:00
何回も失敗しましょうよ。


失敗しないかぎり、

うまくいきませんよ。


by ローマ法王に米を食べさせた男


おはようございます(^^)


先日、鈍感が功を奏した体験をしました。

相変わらず、
水滸伝を読み続けているのですが


(ちなみに、
水滸伝の続編は 楊令伝)


5巻目にして
重要人物が暗殺されてしまいました。


ぐあ~
マジか~


なんだかんだいって
助かるものだと信じていましたが


相手の洗練された隠密行動部隊150人を前に
吹毛剣を持つ楊志は、命を落としました。


悲しい
涙がとまりませんでした


1 対 150


しかも
守るべき家族 嫁と息子がいた。


楊志は
全力で立ち向かう


相手が家族を狙うのは
自分を殺るためだと確信したが


それを知って、どうするという状況


わずか6才前後の息子を
嫁に守らせ


楊志は突如現れる敵を
ぶった切っていく


しかし


相手は精鋭部隊
少しずつ傷を深めていった


味方の石秀の部隊が到着した時には
全身、矢だらけになっていたが


闘気を失わず
立ち尽くしていた


そして


石秀と目が合った瞬間
笑顔を見せ、その場で倒れた


石秀は
残った敵を追い払い


楊志が守りぬいた
嫁と息子に目をやったが


嫁は息子を守るように覆い被さり
矢をうけて生き絶えていた


息子は無事だった


息子の名は、楊令という。






私は
水滸伝の続編、楊令伝と知っていて


楊令という息子は
ちょくちょく出ていたのですが


まったく
一致していなかったのです


この一件を読み終わり
楊令の将来を思うようになりました


両親を失っても
やがて、夢に向かって前進してほしい


究極の絶望の経験をした楊令でも
前進することにより、周りに夢を与えるんだ!


そう思いながら
楊令を思っていたら.....



は!!!



もしかして!!



この楊令が
水滸伝の次回作の楊令伝の主人公か!!



やったぁー!!



そうに違いない!



感極まる思いです!



あ~
もし、これに先に感づいていたら


どうせ、助かる。的な
斜め目線で読んでいたかもしれません


やはり


未来はわからないからこそ


不安もありますが
希望もある。



鈍感だからこそ
味わえる感動がある。


あなたは、
鈍感ですか?


てっちゃん@あ~、鈍感でよかった~



本日はあなたにとって
鈍感日和となりますように(^^)
スポンサーサイト
別窓 | てっちゃんのつぶやき | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<消防秋季訓練 | てっちゃんの大冒険! | 糸島先輩のすこやか大運動会>>
この記事のコメント
[]
お疲れ様です。
ついに、そこまで読んでしまったのですね。
原作を知っていただけに、あの展開は正直驚き以外の何物でもありませんでした。

おっしゃるように、「知らないから」「鈍感だから」こそ体験できる感動もありますよね~。
ついつい知りたがる自分には、なかなか難しいのですが・・・。

早速、今日から「鈍感」になるように努力します(笑)。
2012-10-22 Mon 12:09 | URL | はじ #-[内容変更]
[Re: タイトルなし]
はじさん
鈍感、ばんざい!!!
ここの部分、衝撃でしたよ!!!!
共感してもらえて、うれしいとですw
2012-10-24 Wed 20:04 | URL | てっちゃん #-[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| てっちゃんの大冒険! |