糸島の変わり者、てっちゃんのこだわり日記

幸せな売場のつくり方 
2010-08-22 Sun 07:00
100点満点の理想のお店を思い描く

できるだけ具体的に




描き方のヒントは





自分がお店を去る日に

周りの人から掛けてもらいたい言葉を想像すること





by 幸せな売場のつくり方





おはようございます^^





お店をしている人
会社組織の一部として働いている人





お店をしたい人
生き方のバイブルを求めている人
人が好きな人






いろんな人に
読んでもらいたい名作でした♪





人が働いているポジションによって
それぞれに、確実に見える景色が違うと思います。






この人の役割は、こうで、ここに悩んでいるとか
こんなことにプレッシャーを感じているんだなぁとか





その立場に立ってみなければ、
見えない景色があるのです。





それをこの本は
分かりやすく伝えてくれていますし、景色も見せてくれます。






管理型だった店舗を
自立型の店舗に変貌させるべく





動いていく販売インストラクターの物語





大切なのは、本音をぶつけ合う話し合い






それを販売インストラクターの
“兼子”がさまざまな仕掛けで展開していきます

siawasenairiba.jpg

ストーリーの中に大切なことが
たくさん詰まっていました。





“ 褒める  ”は、条件付の行為
“ ねぎらう ”は、無条件の行為





『 今日の売上凄いね! 』

という褒め言葉よりも





『 いつも、ありがとう。頑張ってきたよね。 』

というねぎらいの言葉をかけることが大切。

幸せな売場のつくり方幸せな売場のつくり方
(2008/07/31)
兼重 日奈子

商品詳細を見る



管理とは・・・最初から正解があって、そこに当てはめようとすること





支援とは・・・正解とは何かを探して走る背中を押してあげて、それを信じること







女性視点の可愛い内容にもなっています。
登場人物の好きなお酒とかをアピールしているところが






男にはない、
チャーミングな仕掛けだなぁと感じました。






売場のこと、生き方など
楽しみながら本質を学べる良書です。






物語だから、シャーっと読み終えます。






兼重日奈子さん、ステキな本をありがとうございました。
本のソムリエさんにも感謝♪





てっちゃん@みんな頑張ってるんだ、だから俺はみんなを褒めたい






本日も
ステキな出会いと感謝の一日となりますように♪
スポンサーサイト
別窓 | 本の紹介 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<水風呂で、皮膚の健康を手に入れる。 | てっちゃんの大冒険! | 2010年8月22日:糸島3大イベント!!>>
この記事のコメント
[なるほど。。。]
「褒める」と「ねぎらう」に、なるほどーと思ったら
ある歌にあった
「♪慰めてんな そばで励ましてやんな」
という歌詞を思い出しました。

ハッとしました^^
ありがとうございます。

感謝を込めて☆
さんご
2010-08-23 Mon 12:26 | URL | さんご #-[内容変更]
[Re: なるほど。。。]
さんごさん
そのフレーズ聞き覚えありです。
『 ・・やんなぁ~あ♪ 』って感じだった気がする

さんごさん幅広いですね~^^
ピコンスイッチ。って本のタイトルで一冊いけますね^^
2010-08-23 Mon 15:42 | URL | てっちゃん #-[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| てっちゃんの大冒険! |