糸島の変わり者、てっちゃんのこだわり日記

李牧の言葉
2017-05-01 Mon 23:04

境があるから内と外ができ敵ができる

国境があるから国々ができ戦いつづける


by キングダム



GW期間中。

息抜きにサントスでキングダムを読み返した。



サピエンス全史を読み進めて

ホモサピエンスが人類の頂点に経ったあと



次は、ホモサピエンス同士で陣地合戦



それが今も続いている。

日本の周りでも、中国、韓国、ロシアと。



今後もこの問題は続くだろう。



最新のキングダム46巻で趙という国の李牧が面白いことを

秦国の大王へ提言した。



6国の中華統一を目指すのであれば

この案を提言すると。。。



それは



①『すべての国同士の戦争を一切禁ずる』協定


②「万一、他国を攻撃した場合、その国をすべての国で叩く」



以上の2点の協定を結ぶ、という案。



私はおぉ〜!なるほど!!それいい!!と素直に思った。

しかし、中華統一を目指す秦の大王は、こう言い放つ



『無責任だ。それでは、協定を結んだ私たちが老い死んでしまったとき、


必ずその協定は破局する。』



契りを交わした者同士がいなくなったとき、

その関係性は終わるということ。



ここにも、うぅ〜ん、確かに!!と頷くしかない。



そこで、秦国の大王は、統一後どのように国をまとめるのか

ひとつ案があるということだった



それが、法治国家



人の上に人が立つ以上、争いは絶えない

だから、人の上に法を置くという考え方。



おお〜!

と感動しながら読み進める一方



たった今、法治国家としてはそれぞれ成立しているが

アメリカ、中国、日本、ロシア等外交問題が絶えないのはなぜだ!



と鼻息荒くなるのである。



法律、憲法も大切だが

他国との信頼関係というものに不安を感じる



李牧の言う、暴走した国が他国を攻撃した場合

そやつをみんなでやっつけよう!という空気がこの世からは感じられない



我、関せず。

自分のことは自分で守ろう。当たり前じゃないか。



そんな余裕無いよ。



漠然とそんなイメージ。

そう感じている人は、きっと少なくないだろう。

(話がまとまらなかった)

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| てっちゃんの大冒険! |