糸島の変わり者、てっちゃんのこだわり日記

ローガン
2017-11-09 Thu 18:59
そうか、、、、

こういう感じなのか。。。。


by ローガン


こんばんは^^
(ローガン、ウルヴァリンの最後)


X-MENの映画が始まったのは2000年だった。
あれから17年。


当たり前だが
始まれば、いつか終わる。


成長、成熟、衰退


X-MENの登場人物も17歳をとってるし
シリーズを継続させることは大変だ。


最初から観ていたし
最後も見届けようと思い、手に取った。


最後に何を残すのか


その視点で観ていた


主人公のウルヴァリン(ローガン)の人生は
昔から自分に関わる者は不幸になるというサイクルに


苦しんでいた。


自分に優しくしてくれるな


俺は、一人で生きていける。


俺に付き合うとろくなことにならないぞ。


だから、お願いだから
もう関わらないでくれ。


お前がいいやつであればあるほど
失いたくないんだ。


そんな彼に一番出会いたくない人が現れる。


「 この娘は、あなたの子よ。 」


ふざけるな、そんな奴は知らない。


そこから描かれるローガンの心の葛藤と
映画の終着点、終わる頃に残るものはあるのか


いろんなものが集約されていく流れ


観終わった後に
頬を伝う涙が尋常じゃなかった。


最後の最後が一番名作だと感じた
X-MEN。


ウルヴァリン
ヒュー・ジャックマンと出会うのもこれが最後


彼は死ぬ直前、
人生の最後に感じたものそれは


「愛おしい」という感情だった。
スポンサーサイト
別窓 | 映画&DVDの紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |
メッセージ 〜アカデミー音響編集賞〜
2017-10-28 Sat 22:42
避けては通れない

未来の出来事


こんばんは^^
メッセージ
(音響が未知の世界に連れて行ってくれた気がする)


宇宙人、


人は想像を超えた存在と出会った時
どんな行動を起こすだろうか。


危険を犯し、相手の目的を探り
対話を試みるか。


恐怖という感覚に身を任せ
知る前に、殺るという対処をするか。


いずれにせよ
この未知との出会いを


音響による演出が盛り立てる


ブォォォォォン!!!!!!!


魂にズシンとくる音


大音響で観るか
数万円するけど、高級ヘッドホンで楽しむべき。


映画って
制作費、数十億円〜数百億円というお金をかけているのに


映画館で2000円以内
ブルーレイで借りても350円くらいで観ることができる


これは奇跡といっても
過言ではない。


それだけのお金がかかっているということは
それだけのプロが集まってできているということ。


だから、相手が用意してくれるものを
できるだけそのまま受け取りたい。


4Kブルーレイで観るのと
DVDで観るのでは、まったく感じるものが変わってくる


普通のテレビから発する音で聴くよりも
ウーファーがついた5.1chで大音響で聴くのでは


その世界に魂とともに入ってしまうほどの感覚が
あるかないかくらい違いがある。


大切なのは緊張感だ。


そこに自分の好きな食べ物があれば
映画館を超える。


そんな環境を1階に作り
夜な夜な楽しんでいる。
別窓 | 映画&DVDの紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |
サバイバルファミリー 〜CG無しのオールロケ〜
2017-09-21 Thu 07:00
知らないから見える問題点もあれば

経験がないから

挑戦できることもある。


おはようございます^^
サバイバル
すごく楽しみにしていた映画。
サバイバルファミリー。


深津絵里好きな私としては
大満足な作品だった。


電気が使えなくなった今の日本で
生きていくファミリーの物語


スマホ、電車、ビルの自動ドア
パソコン、レジ、車


あ!そっか、それもダメなのか。
という驚きを感じながら


明日は我が身のような恐怖とともに
鑑賞。


とにかく、リアル。
いや、確かにこうなるな。と引き込まれる。


鑑賞後、オールロケで
CGなどを一切使わずに行っていた。


そうすることで
感じる場面が多かったように思う。


名作だったから、ネタバレになるようなことは
書かないけど。


家族といっても
互いに頼らずとも食べていけるような世の中に


一石を投じた作品。
別窓 | 映画&DVDの紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |
グレート・ウォール
2017-09-14 Thu 07:00
ところが今、私たちは正直に語れるところまで来ている。

科学革命の最も重要なプロジェクトは

人類に永遠の命を与えるというものだ。


by サピエンス全史(下)


おはようございます^^
デイモンジンティエン
(マッドデイモン、ジンティエン)

先日、新作グレート・ウォールを借りて観た。


まさに、アクション映画。
都を守るために、万里の長城で外敵を食い止める軍のお話。


北方水滸伝(歴史小説)を読み込んでいるので、
禁軍のイメージがしっかり湧くし


万里の長城を作ったのは
秦の始皇帝、つまりキングダムでいうところの嬴政だ。


そう思うと、わくわくが止まらない。


内容はアクション中心なので
部屋を真っ暗にし、大音量で観ることが必須。


一瞬足りとも、現実に戻ることなく
世界に浸ることができれば、満足するだろう。


逆に
アクションに酔いしれなければ、無念な印象は逃れられない。


そして
登場人物のジンティエンが可愛い。笑


テイラー・スイフトもそうだけど
目の切れ長メイク?の人に目を奪われてしまう。今日この頃。
別窓 | 映画&DVDの紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |
本能寺ホテル
2017-09-04 Mon 07:00
できるかできないかではない。

やろうとしたのが

俺だけだった。

ただ、それだけだ。


by 織田信長(本能寺ホテル)



おはようございます^^
本能寺
先日、邦画の新作レンタル:本能寺ホテルを観た。


綾瀬はるか、かわいい。笑
見事に惹きこまれた。すごい。


堤真一演じる織田信長も最高。
彼の演じ方で、95%が怒るか無表情、5%に笑顔という割合が好きだ。


期待していた見所は、ただひとつ。


綾瀬はるかが、タイムスリップした戦国時代の織田信長に
あなた、明智光秀の謀反で自害しますよ!


って言っちゃうところだ。


しかも、それを信じて行動する織田信長
ワクワクするしかない。


夢が詰まったいい映画だった。
別窓 | 映画&DVDの紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| てっちゃんの大冒険! | NEXT