糸島の変わり者、てっちゃんのこだわり日記

ジョン・ウィック
2017-05-24 Wed 07:00
E.T

【物語】
少年が宇宙人の帰還を助ける
【テーマ】
信頼と友情


おはようございます^^
ジョン
3〜4年前?のDVDを借りてみた。
キアヌリーブス主演のジョン・ウィック


元暗殺者だったが引退して、平和に過ごしていたが
大切な命を奪われるところから、物語が動き出す。


冒頭に書いたように
最近は、物語とテーマを振り返るようにしている。


ジョン・ウィックは
元暗殺者ジョンが幸せを奪った組織を皆殺しにする、というのが物語で


テーマは、
再起、友情というところだろうか。


FB、インスタ、ブログ等
表現の場というものが増えてきたので


‘表現のあり方’について
今は練っているところ。


写真や絵、文章、動画、実況等
いろいろな方法があるが


どの場合でも、自分がこれだ!というものを
しっかり表現したいと思っているからだ。


ひたすら、練るのみ。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ベンチ。
2017-05-16 Tue 17:09
エンターテインメントとは


ストーリーという儀式にどっぷり浸かって

知的、感情的満足を得ること


by ロバートマッキー


こんにちは^^
家の前2
家の前にあるベンチに座って
火山、可也山を見つめるおじいちゃん


缶コーヒーを片手に
腰掛けるスーツの男性


寝っころがってマンガを読む女子学生


夕暮れ時にそのベンチで過ごす人を見て
何を思っているのか


勝手に妄想するのが好き。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ひとりじかん。
2017-05-13 Sat 19:00
自分では気づいていなくても

人はなんらかの大きな方向性に従って人生を生きているもので

どんな人間も

自分の標準的な欲求リストからその方向性を選びとっている。


by 物語の法則


こんばんは^^
カフェラテ2
ホットラテとはしばらくお別れになりそうなので、
いっぱい飲んでいます。(暑い時期はアイスラテばっかりだから!)


活字に触れる時間が増えてきた。


雨の日で休みのときは
特に読書に耽る。


本を読んでいると
好きな文章や言葉に出会う


その瞬間の心地よさが忘れられない

だから、読んでいるのかもしれない


人によっては


山に登って、自然との触れ合いから
海に入って、波から
ショッピングで、好みの服との出会いから


いろいろとあるだろうが


その世界に入って
好きなモノや瞬間に出会った経験は


大切な宝物になると信じたい。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
経年変化
2017-05-11 Thu 19:00
毎日書きなさい
一行一行、1ページ1ページ、いつもいつも。


恐くてもこれをやりなさい。


想像力や技術以上に、何にもまして
世界があなたに求めるのは勇気です、


拒絶されたり、嘲笑されたり、
失敗するかもしれないという危険を冒す勇気です。


意義と美によって語られるストーリーを探求しながら
深く学びなさい、
しかし、果敢に書き進めなさい。


そうすれば、神話の英雄のように
あなたの『 踊り 』が世界を驚かせるでしょう。


by ロバート・マッキー


こんばんは^^
経年変化2
皮革の経年変化ほど
わかりやすく、興奮するものはない。


画像のキーホルダーは私が1年以上〜2年未満使っているものと
新品のものを比較した写真。


そろそろ財布も変身のときかな、と思うのだが
二つ折り財布か、マネークリップ、コインケース、カードケースに分けて使うか


悩んでいる


でも、その3つを持ち歩くとなると
ちょっと。。。。


財布はシンプルにスッキリ使いこなしたいが
持ち歩くのはポケット。


ジャケットを着る訳ではないので
パンツのポケットに収めるとなると。。。


やはり、1つで便利な2つ折り財布に落ち着きそうだ。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
カツカレーには夢がある。
2017-05-10 Wed 19:00
本当の強さとは

勝つことではなく

立ち直ること


by 福島正伸さん


こんばんは^^
カレー
(まんまる食堂のカツカレー)


お昼にカツカレーを食べながら
学生時代を思い出した。


高校生の頃
4時限目が終わってすぐに食堂へダッシュ


狙いはすぐに売り切れるカツカレー


私が高校生の頃に
アツアツのカツカレーをお昼に食べるということが


どれだけ贅沢で楽しみだったことだろうか


食堂に3学年の先輩後輩なんて序列は関係ない
いかに早くそこへ辿り着けるか、だ。


カレーにカツがあるか無いかで
雲泥の差だ。


カツとカレーの相性も抜群だ。


揚げたてのカツをサクサク切って
上に乗せるだけで、夢が広がる。


あのダッシュ


もう繰り広げることは無いだろうが
まさに、‘ 完成された ’世界だった。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| てっちゃんの大冒険! | NEXT